中古車の価格は常に変動している

中古車の購入や買取を考えているときには、安く買いたい、高く売りたいと考えるのが基本です。そのためには中古車の価格の変動について理解しておくことが重要になります。

相場価格が下がっているときに購入すればお得になり、上がっているときに売却すれば利益が大きくなるからです。中古車の価格は常に変動しているので、いつ売るかを考えなければなりません。

基本的には同じ車種や年式という条件が揃っているのであれば、価格は月日が経つと下がっていきます。売るときにはできるだけ早く売るのが重要ですが、買うときにはそろそろ買わなければならないときまで待つのが基本です。

ただし、買うときと売るときでは価格についての視点を変えなければならないので気をつけましょう。

買うときに考える相場価格の変動

中古車の購入を考えているときにはそもそも気に入るような中古車が市場に流通していなければなりません。相場価格の変動を待っていて市場から希望していた車種がなくなってしまっては意味がないので、購入のタイミングを見計らうのが重要になります。
中古車の販売価格の相場は需要と供給によってコントロールされているのが一般的です。そのため、たまたま同じ車種を売る人が多くて市場に多数出てくると価格が低下して買いやすくなります。

 

新車を購入した人の場合には購入してから10年前後で買い換える人が多いことから、10年前後前の車種を見てみると価格が著しく下がっているのが通常です。これ以上古くなると市場価値も低下してしまうため、待っていると価格が下がるのが一般的ですが、買い手がいないと判断されて廃棄処分されてしまう場合もあります。

また、価格の低下によって人気が高騰し、途端に価格が上がってしまうケースもないわけではありません。もともと人気があった車種の場合には古くても買い手が増えて価格が上がる可能性があるのは念頭に置いておくことが肝心です。

人気のある車種の場合にはモデルチェンジのタイミングで価格が下ることもよくあります。市場価値が低下するからであり、希望の車種がある場合には新車開発の動向も探っておくのが大切です。

売るときの相場価格についての考え方

中古車の売却を考えているときには基本的には相場価格は月日とともに下がっていくというスタンスで考えて問題はありません。ただし、モデルチェンジについては購入する場合と同様に気にかけておくのが大切です。

基本的にはモデルチェンジが起こる前後に大幅に価格が低下します。そのため、間もなくモデルチェンジがあるという場合には速やかに売却してしまわないと損をする可能性があるのです。

また、売る時期についても考えておくのは良い方法であり、業者が在庫を抱えようとする年度末や年末年始には買取価格が上がる傾向があります。資金力がある大手業者の場合には車を買う人が多いボーナス時期に十分な在庫を用意できるようにしようと、少し前から買取強化を行う場合もあるので確認しておくのが大切です。

このようなキャンペーンは相場価格に影響を与える場合もあり、強化買取をしたにもかかわらず売れ残りが多いというときにはその後の相場が暴落します。

これも需要と供給の関係によるものなので年度末や年末年始、ボーナス時期には買取価格の相場も大きく変動する可能性があると念頭に置いておくのが肝心です。

売買価格は業者に依存

相場価格がどのように変動したとしても最終的には売買価格を決めるのは業者と売り手または買い手です。販売の相場価格が上がっていたとしても、業者がたまたまかなりの在庫を抱えていれば安く売ってくれることもあります。

逆にこれから人気が出て高く売れるようになると見越して、相場価格が低い車をやや高めの価格で買い取ってくれる業者もあるので、購入でも売却でも安易に相場価格の変動だけを気にしていてはなりません。売買価格は業者に大きく依存するので、比較して選ぶのが重要になります。

買うときには希望の車種を持っている業者は限られてしまうことが多く、比較するときにも選択肢はあまり多くはありません。しかし、売るときには無数の買取業者の間で比較できるので、時間と労力の許す限り買取価格を比較して選ぶようにするのが賢明です。

中古車の価格の変動には注意

中古車の購入や売却を考えているときには相場価格の変動を気にかけておくことは重要です。相場が低いときに買い、高いときに売るというのが原則ですが、需要と供給による影響を受けることを知っているとある程度の予測はできます。

ただし、業者によって販売価格や買取価格は異なるので、相場だけで売買をするかを考えてしまわないようにするのが大切です。たまたま高く売買できるというケースもあるので、中古車を買いたり、売りたいと思ったときには、まずはどの程度の価格で売買できるのかをいくつかの業者に問い合わせてみると良いでしょう。

十分に比較をしてみると今が買い時、売り時という可能性もあるので、相場価格の動向だけに振り回されないようにするのが大切です。