スポーツモデルは希少性が高く需要が高い

一般的にオートマ車の方が需要が高いですが、一部の車種ではミッション車の方が人気があります。以前は多くの車種にラインナップされていたミッション車は、現在ではごく限られた車種しかラインナップされていません。

日本で販売される新車の90%以上はオートマ車ですから、ミッション車は非常に貴重で珍しい存在です。マニュアルのスポーツモデルは需要が高く、新車で買えるミッション車は非常に少ないため、中古車でも構わないからミッション車に乗りたい人は、少なからず存在します。

人気車種のスポーツグレードは中古車市場で高価買取されている傾向にあり、オートマ車と比較してもミッション車の方が数万円から数十万円も高くなる場合もあるのです。

逆にスポーツモデルではないミッション車は、買取査定で評価が上がることは非常に難しく、中古車市場では需要のある車とはいえません。

しかし、レアな車種であれば査定の際にアピールしてみると、プラス査定につながる可能性も無いとはいえません。スポーツモデルでないマニュアル車は日本国内では不人気ですが、海外では需要が高く、マニュアル車の方が安心感があるという側面から、普通の乗用車や商用車でも業者によっては高値で取引する可能性もあるでしょう。

どこに買取を依頼するかで査定額も変わる

ミッション車を手放す際、ディーラーの下取りに出すのではなく、車の買取を専門とする業者の査定をきちんと受けることは重要です。ミッション車をディーラーの下取りに出してしまうと、希少性などの価値に関係なく、低く買い取りされる可能性が高いのです。

買取業者は、知識や経験が豊富なプロの査定士が、本来のその車の価値をきちんと評価してくれますから、買取業者の査定を受けた方が満足のいく査定額で取引できるでしょう。

さらに、一括査定を利用して複数の業者の査定額を比較してみるのも、できるだけ高く売るために有効的な方法です。

ミッション車の査定額を上げるためにやっておきたいこと

マニュアル搭載のスポーツモデルの車種は買取市場で高値で取引される傾向にありますが、買取業者によっては安く買い取ろうとしたり、正当に評価してもらえない場合もあります。マニュアル車は珍しいため見極めが難しいこともあるのです。

査定の際、いくつかのアピールや点検を実践することで、さらに高値で取引される可能性がアップします。スポーツモデルのミッション車はダメージが少なく、良好な状態であるかどうかが重要なチェックポイントになるでしょう。その車種の特性がスポーツ寄りならば尚更です。

また、新車時の価格が低い場合、過激な走行やモータースポーツで大きくダメージを受けていたり、荒い乗り方をされていると評価されがちです。日頃から大切に乗っている場合は、それだけでプラス査定につながることが多いですから、買取業者に大事に乗っていたことをアピールしましょう。

他にも、ミッション車の場合クラッチを自分で操作するため、操作の仕方によってはクラッチが傷みやすいです。傷んだクラッチを自分で交換すると、買取査定でプラスになることもありますので、交換済みなら査定士にその旨伝えましょう。

査定額アップを目的にクラッチ交換をしてしまうと、クラッチ交換の費用の方が高くつき、マイナスになる可能性が高いですから、やめておいた方が賢明でしょう。

下調べや業者選びも念入りに

同車種でオートマ車とマニュアル車が存在する場合は、その車種の中古車買取価格の相場をネットなどで調べてみましょう。マニュアル車の方が高値で取引されているのか、市場価格の差はどれくらいなのかをだいたい把握できます。

年式の古い中古車は、状態の良し悪しで値段が大きく変動してしまい比較しづらいケースもありますが、そんな時は走行距離、年式、色など同条件で何台かピックアップして比較してみましょう。マニュアル車の方がこれくらい高いという相場を把握できれば、安心ですし査定にも強気で向かえます。

スポーツモデルのミッション車の場合は、社外パーツを装着して見た目や性能をよくする人も多いでしょう。社外品を装着することで、業者や車種によっては査定の評価が上がったり下がったりと予測が困難です。改造車やスポーツモデルに詳しい業者は、評価を上げてくれることも多いので、できるだけ高く評価してくれる買取業者を見極めることが重要です。取り外した純正パーツは大切に保管しておくこともプラス査定につながるポイントになります。

ポイントを押さえて高価買取を

中古車市場でも希少性が高くなっているミッション車ですが、どこに買取を依頼するかによって、その車種の評価が適正になされないこともあるため、業者選びは慎重に行いましょう。

また、査定士にはアピールポイントをしっかり伝えて、洗車や車内の掃除なども査定前に行い、満足できる査定評価を目指しましょう。今後もミッション車が販売されることは珍しいですから、これからますます希少な存在になるでしょう。

今乗っているミッション車をできるだけ大事に扱い、手放す時に高く買い取ってもらえるように準備しておきましょう。