MT車の方がAT車よりも高く売れる?

mt車は日本ではあまり走っていないことからAT車よりも中古車査定においては不利だと思っている人が多いです。

たしかに、日本国内で走っている車はAT車ばかりで、新車販売総数の95%以上はAT車になっています。mt車だとクラッチ操作やシフトレバーの操作などが必要になりますが、AT車にはそのようなものは必要なくて、とても運転しやすいです。

また、以前はAT車の燃費がとても悪かったのですが、現在ではロックアップ機構、多段変速化によって燃費がとても良くなってmt車とあまり変わらなくなりました。そうしたことから、自動車免許を取得する人の中でAT限定の免許を取得する人の割合が約6割にものぼります。

しかしながら、中古車査定においては、実際にはmt車の方がAT車よりも人気があって高く売れることが多いです。

mt車が高く売れる理由とは?

mt車が中古車市場において高く評価される理由は何でしょうか。1つは希少性が高いということです。

車市場においてmt車の流通量がどんどん減少しています。新車販売の95%以上がAT車で、mt車の割合は5%以下しかありません。そのため、市場に流通しているMT車の数は圧倒的に少ないです。

また、mt車のファンは昔から存在していて、需要と供給の関係から希少価値の高いmt車はAt車に比べると数十万円くらい高い査定価格が出ることも珍しくないわけです。

 

もう1つの理由としては発展途上国において日本のmt車がとても人気が高いことが挙げられます。日本の自動車所有者は走行距離が10万キロを超えると販売したり、処分したりすることが多いです。

しかしながら、発展途上国では100万キロを超えても所有し続けて走り続けることが多いです。問題が起きてもその都度メンテナンスをして利用し続けるのです。そのため、耐久性と修理の容易さが重視されます。日本の車検制度によって日本の中古車は中古であっても状態がとても良くて、海外では日本の中古車は新車扱いされます。

アジアやアフリカなどの発展途上国ではオートマチック車は構造が複雑で、高い技術が求められてメンテナンスが難しいです。一方、mt車はAT車よりも構造が単純で修理しやすいです。そうしたことから発展途上国においては、mt車の方が人気が高くて高値で取引されるケースがあります。

中古のmt車を売りたいときの注意点

中古のmt車を売りたいときには、注意するべき点があります。それは悪質な業者を選ばないことです。mt車はAT車よりも需要が少ないから下取り価格は安いよという業者は上記の真実を隠しているということですから、あまり信用できません。そうした業者を利用するのではなく、中古車市場におけるmt車の価値をきちんと言ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

また、ディーラーに下取りをしないことです。中古車を販売する方法は大きく分けて下取りと買取りの2つがありますが、ディーラーに下取りをしてもらうと高く売れない可能性が高いのです。

ディーラーは自社の展示場で下取りをした車を販売するのが一般的なのですが、国内ではmt車の人気がそこまで高くありませんので、売れにくいという状況があります。

いつまでも売れ残ってしまうと中古車を管理するコストも高くなりますので、ディーラーは中古車を安く下取りする傾向が強いのです。したがって、ディーラーに下取りしてもらうことは避けましょう。その代わり、中古のmt車を売りたいときには買取り業者を利用することがおすすめです。

買取業者の中には海外への販売ルートを持っている業者がいます。そうした業者なら、国内で人気があまりないmt車であっても、人気の高い発展途上国で高く販売できることから高く買い取ってもらう可能性が高いのです。ただし、買取業者は評価基準や販売ルートが異なりますので、できるだけ複数の業者に見積りを依頼することが望ましいです。

そこでおすすめしたいのがネットの中古車一括査定です。一括査定サイトなら全国のたくさんの買取業者が参加しています。その中には大手の買取業者もあれば地域密着の買取専門店もあります。

一括査定を依頼すれば各社から買取価格を提示してくれますので、それらを比較してもっとも高い価格を出した業者に買い取ってもらうといいでしょう。1社1社訪問して査定してもらうには時間と手間がかかりますが、こうしたネットの一括査定サイトを利用すれば、簡単にたくさんの業者から査定を出してもらうことができます。ぜひ利用してみましょう。

中古のmt車を売ることのまとめ

中古車市場においては、mt車の人気が意外にもとても高いです。たしかに日本国内ではあまり走っていませんが、アジアやアフリカなどをはじめとする発展途上国では耐久性とメンテナンスのしやすさからとても需要が高いのです。

中古のmt車を売るときには業者選びが重要になります。ディーラーに下取りしてもらうのではなく、買取業者に査定依頼しましょう。おすすめがネットの一括査定サイトを利用することです。