中古車市場でのオートマとマニュアルの価格差

新車を購入するときにはオートマかマニュアルかを自由に選べる車種が多くなっています。中古車を購入するときには個々にオートマかマニュアルかが決まってしまっていて変更できないのが原則です。

中古車市場ではオートマとマニュアルの車の間で価格差が生じるようになったという点は中古車を買いたい人も売りたい人も念頭に置いておく必要があります。

一般的にはオートマの方が10万円程度は高く売れるようになっているのが現状です。この価格差は年々開いてきている傾向があり、こだわりがないならマニュアルを買った方が安上がりになり、オートマにしておいた方が高く売れるようになります。買うときに出費を抑えたいならマニュアルを選び、買い替えのときに少しでも買取価格を上げられるようにしたいと考えたらオートマを選ぶのが適切だと単純には考えることが可能です。

このような状況が生まれているのはオートマ限定の免許を取得する人が増えたことや、気軽に運転するのにはオートマの方が良いという考え方が広まってきたのが主な原因となっています。新車でもオートマの売れ行きが良くなっているのが現状であり、中古車市場でもオートマの方がすぐに売れる可能性が高いことから、業者としても高く買い取れるのです。

このような中古車市場の状況は変わっていく可能性もありますが、現状を理解しておくことは目下検討している人には欠かせません。

車にこだわる人ほどマニュアルを選ぶ

オートマの利用者が増えている影響で中古車市場におけるオートマ車の価値が上がっていますが、依然としてマニュアルにこだわる人もいるのは確かです。特に車や運転に関してこだわりを持っている人ほどマニュアルを選ぶ傾向があり、マニュアルの中古車も売れていないわけではありません。

車種によってはオートマよりもマニュアルの方が価値が高くなる場合もあります。一般的に利用されているセダンやコンパクトカーなどの手軽な車の場合にはオートマの方が高い価格が付きやすいですが、スポーツカーやクラシックカー、トラックなどの場合にはマニュアル車が好まれる傾向があります。

中古車市場は需要が高くて速やかに高額で売れる可能性が高い車ほど高い価格で買い取り、高めの価格で販売されているので、需要についてよく理解した上でオートマとマニュアルの比較をすることは必須です。

オートマ派は気軽に運転したい人が多く、マニュアル派はこだわりのある人が多いというのが現状なので、車種と照らし合わせてどちらが良いかは検討しましょう。

マニュアル車が減っている影響についても考慮が必要

中古車の価格の変動要因として需要だけでなく供給についても影響力が大きいことは理解しておく必要があります。新車でオートマ車を選ぶ人が多くなっている影響で、だんだんとマニュアル車の流通量は低下してきているのが現状です。

必然的に中古車市場でもマニュアル車が減っていますが、マニュアル車に乗りたいという人もいます。供給量の減少に比べて需要が著しく低下してけばマニュアル車は安く買えて高く売れないという状況が続くのは確実です。

しかし、著しく供給量が減ってしまうと希少価値が高くなり、買取価格も高くなって高額で販売されるようになる可能性があります。現状としてはマニュアル車の人気が高くて需要と供給のバランスから考えるとマニュアル車の相場価格は低下してきていますが、今後の変動については予測するのが困難です。

中古車の売却を考える上では切実な問題であり、高く売れることを見越して買いたいというときにマニュアル車の方が良い可能性も否定はできません。また、既にマニュアル車を持っていて、いつ売るのが最適かと考えている場合にも今すぐ売った方が良いか、数年間待った方が良いかははっきりと断定でいないのです。

オートマ車を売りたいと考えているときにも、これからさらに需要が高まっていくと全体的な価格が上がる可能性があります。既に車を持っているときには通常はすぐに売った方が経年劣化もなく、年式が古くなることによる市場価値の低下もないので高く売れるのが一般的です。

しかし、人気の高い車種で数年経っても価値がありそうなマニュアル車を持っているときには市場の動向をよく観察して売るタイミングを見計らわなければなりません。

こだわりがないならどちらにするかを買うときに考えておくのは大切

オートマとマニュアルの需要については現状としてはオートマが優勢になっています。中古車の取引でもオートマの方が相場価格が高いので、買うときには高くても売るときには有利です。

特にどちらにするかでこだわりがないのなら、買うときにはよく考えておく必要があります。購入にかかる出費を減らしたいならマニュアル車が適していますが、将来的にも需要が著しく低下したらオートマ車に比べて売りにくくなってしまう可能性があるのも確かです。

 

需要と供給の状況をよく調べた上で、現況から判断してメリットが大きい方を選ぶという考え方が欠かせません。車種による違いもあるのも念頭に置いて、価値を維持しやすい車を選んで購入するのが大切です。