車を買うときに悩みになりやすいatとmt

車を運転するときにはギアチェンジという操作が必要になります。走行速度に合わせて適切なギアを使用することで快適な走行状態を保つことができる仕組みになっているからです。

そのギアチェンジの仕組の違いによってatとmtの二種類に車が分類されていますが、どちらを選ぶべきなのかは車を購入するときによく悩みになっています。一昔前はmtしか存在していなかったので選択肢はありませんでした。

しかし、atが登場してきたことで急速に広まり、ユーザーとしてもatを選んでいる人の方が多くなっています。どちらにもメリットがあるので、どのようなカーライフを送っていきたいかに応じて選ぶのが重要です。

atを選ぶメリットとは

atの車を選ぶメリットは運転が簡便なことです。ギアを自動的にシフトチェンジしてくれるのでクラッチをつなぐ操作を自分で行う必要がありません。基本的にはアクセルとブレーキを操作するだけで加減速をコントロールできる簡単な仕組みになっています。

しばしばmtの運転に慣れない人はクラッチをつなぐのに失敗してエンジンストップを起こしてしまいますが、自動制御になっているatではそのリスクが一切ありません。

免許を取得してしばらく運転していない人が車を購入するときや、ずっとatの車を運転していた場合に、mtにするとエンジンストップなどの問題を起こしてしまう可能性があります。予め教習所などで練習した上で運転を開始するのが無難ですが、逆にmtからatに切り替えて大きなトラブルが発生することはありません。

気軽に運転できるようにしたいと考えている人はmtからatに乗り換えるのも良い方法です。また、atではクリープ現象が起こるのでアクセルもブレーキも踏んでいない状態でも前に進んでいきます。

坂道で停止状態から加速するときには車の重さによって後退してしまうリスクがありますが、atでは多少の坂であればクリープ現象だけで前に進めるので後退による事故を起こすリスクもないのがメリットです。

mtを選ぶメリットとは

mtを選ぶメリットはダイレクトに車に働きかけながら運転できることです。自動化されている部分がatに比べて少ないので、運転技術の向上によって様々なメリットを生み出すことができます。ギアを自由に操作できるので、最適なギア比を選びながら運転することで安定した走行状態を実現可能です。

atの場合にはギアを切り替えるときに振動が起こることがよくありますが、うまくクラッチをつなげるようになると全く揺れが感じられないようにすることも不可能ではありません。

さらに、ギアの使い方次第で燃費の向上やスリップの防止なども行えます。atの場合には常に1速から発信することになりますが、mtなら2速でエンジンの回転数を抑えて発進することも可能です。これによって燃費が向上するだけでなく、急発進を抑制できるのでスリップのリスクが低下します。

また、クリープ現象がないのもmtの特徴であり、リスク低減という意味でメリットがあるポイントです。クリープ現象は後退を防げる点で魅力はありますが、ブレーキを踏んでいないと勝手に前に進んでしまう問題もあります。

渋滞のときにうっかりブレーキをリリースしてしまったために追突するという事故はatが流通し始めてから頻発しました。mtなら平らな場所ではアクセルを踏まない限りは前進しないのでこのような事故のリスクがありません。

一方、ブレーキの摩耗も減らせるのはmtのメリットです。エンジンブレーキがatに比べてしっかりと利くため、アクセルをリリースするだけで簡単に減速できます。特に山道を走るときには差が生まれやすく、急な下り坂を走るときにもほとんどフットブレーキを使わなくて済むのがmtの特徴です。

運転技術との兼ね合いもありますが、ブレーキの寿命が延びてランニングコストが減るのもmtを選ぶ上で知っておきたい点です。

市場価値から考えるatとmtの違い

atとmtの良し悪しを考える上では市場価格についても考慮することが大切です。atの人気の影響でmtよりもatの方が中古車の価格は高くなっています。中古車を買うときにはmtを選んでおくと安上がりになりますが、買取を依頼するときには査定価格がatよりも低くなることは否めません。

どちらが良いかは状況によるので、購入費用を下げたいか、次の買い替えや売却のときに少しでも高い方が良いかを天秤にかけて決めるのが大切です。

どちらが良いかはケースバイケース

atにもmtにも多様なメリットがあるので、どちらを買ったら良いかはケースバイケースです。運転のしやすさではatの方が優れていて着実に人気も高くなってきていますが、運転技術が向上するとmtの方が燃費を上げられたり、事故のリスクを下げられたりするメリットもあります。

 

市場価格も変動していて、現状としてはatの方が中古車の取引価格は高くなっていますが、将来的にどうなるかはわかりません。自分の運転スタイルを考えて適切な方を選ぶのが安全策です。