車の買取査定額は走行距離・年式でどれくらいになるのか??

車の買取りを依頼するときに気になるのが走行距離と年式。

走行距離が多いほど、年式が低いほど買取査定額が低くなりますが、具体的にはどれくらい買取査定額が変わるものなのでしょうか?

今回は車の買取査定額は走行距離・年式でどれくらいになるのかについてご紹介します。

<見出し1;車の買取査定額は過走行・低年式ほど低くなる>

車を買取査定額は、走行距離が多く年式が低いほど低くなります。

具体的には、走行距離が100,000kmを超えている車や初度登録から10年以上経過した車はガクンと買取査定額が下がるのです。

走行距離が50,000km以上の車は「多走行車」、100,000km以上の車は「過走行車」といいますが、車は走行距離が伸びるほど消耗品の劣化が激しくなります。

例えばタイヤ、ブレーキ、サスペンションなどは走行中に常に消耗しているものですし、これらの部品はもちろんのこと、その部品が設置されているパーツも劣化が進んでいるのです。

また最近の車が金属式のチェーンベルトになっているため、走行距離が300,000kmになるまで交換する必要はありませんが、ゴム式のタイミングベルトは100,000km毎に交換しなければいけません。

合わせてタイミングベルト周辺にあるウォーターポンプを交換する必要があります。

年式についても10年以上経過した車は、サビなどで経年劣化した部品が増えてくるため交換しなければいけない部品が増えてくるのです。

このことから車の買取査定額は、過走行・低年式ほど低くなるほど低くなります。

<見出し2;過走行車・低年式車の買取査定額はどれくらいになるのか?>

ここでは具体的にホンダ・GKフィット、GEフィットを例に買取査定額をみていきましょう。

<ホンダ・GK3/4/5/6フィットの中古車買取価格相場>(積算走行距離・年式別)
積算走行距離 2018 2017 2016 2015 2014 2013
0~10,000km 1,340,000円 1,100,000円 1,010,000円 950,000円 880,000円
10,001~

20,000km

1,160,000円 1,050,000円 990,000円 920,000円 850,000円
20,001~

30,000km

1,110,000円 1,010,000円 950,000円 910,000円 830,000円
30,001~

40,000km

970,000円 950,000円 900,000円 760,000円 740,000円
40,001~

50,000km

790,000円 750,000円 740,000円 730,000円 720,000円
50,001~

60,000km

780,000円 750,000円 720,000円 710,000円 700,000円
60,001~

70,000km

740,000円 690,000円 670,000円 650,000円
70,001~

80,000km

640,000円 630,000円 620,000円 610,000円
80,001~

90,000km

630,000円 620,000円 600,000円 580,000円
90,001~

100,000km

600,000円 600,000円 590,000円 570,000円
100,001km~ 580,000円 560,000円 550,000円 520,000円
<ホンダ・GE6/7/8/9フィットの中古車買取価格相場>(積算走行距離・年式別)
積算走行距離 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007
0~10,000km 830,000円 700,000円 600,000円 590,000円
10,001~

20,000km

810,000円 600,000円 590,000円 580,000円
20,001~

30,000km

800,000円 590,000円 580,000円 560,000円 470,000円 440,000円 310,000円
30,001~

40,000km

790,000円 590,000円 550,000円 550,000円 450,000円 410,000円 270,000円
40,001~

50,000km

710,000円 520,000円 510,000円 500,000円 390,000円 410,000円 270,000円
50,001~

60,000km

690,000円 510,000円 500,000円 490,000円 350,000円 320,000円 240,000円
60,001~

70,000km

680,000円 450,000円 440,000円 380,000円 280,000円 240,000円 210,000円
70,001~

80,000km

440,000円 440,000円 430,000円 360,000円 270,000円 220,000円 190,000円
80,001~

90,000km

410,000円 370,000円 400,000円 230,000円 220,000円 200,000円 190,000円
90,001~

100,000km

410,000円 270,000円 360,000円 200,000円 200,000円 180,000円 120,000円
100,001km~ 350,000円 250,000円 210,000円 190,000円 150,000円 130,000円 120,000円

表をみると過走行・低年式になるほど買取査定額が低くなっていることがお分かりいただけるでしょう。

フィットは人気車種で、中古車市場にもフィットがたくさん出回るほど、買取査定額が低くなります。

とくに走行距離100,000km以上、初度登録から10年以上経過した車は、ディーラーでの買取査定金額は0円になることがほとんどです。

その理由は、ディーラーが車を買取りする際は「イエローブック」という本をもとに査定するのですが、その本の通り査定すると買取査定額は0円になります。

もし過走行・低年式の車を買取査定に出す場合は、中古車買取店のような買取業者に出したほうがいいでしょう。

先ほどはフィットの買取査定額を一例としてお示ししましたが、少しでも高額な買取金額をねらう場合は、高グレードでブラック系、ホワイト系、シルバー系のボディカラーであると買取査定額は上がります。

さらにメーカーオプション、ディーラーオプションがたくさんついていること、人気の高い社外パーツが装着されていることで買取査定額は上がるのです。

このように基本的には過走行車・低年式車の買取査定額は低くなりますが、グレード、ボディカラー、装着パーツによって買取査定額は相場より高くなることをお知りおきください。

<まとめ>

今回は車の買取査定額は走行距離・年式でどれくらいになるのかについてご紹介しました。

走行距離100,000km以上、初度登録より10年以上経過している車の買取査定額は大きく下がることをお伝えしました。

とくにディーラーでの買取査定では、過走行・低年式の車は買取査定額が0円になることはめずらしくありません。

中古車買取店のような買取業者であれば、グレード、ボディカラー、装着パーツをプラス査定の対象に入れてくれますので、車買取のときに積極的に自分でアピールする必要があるでしょう。

もし車の乗り換えを考えている場合は、走行距離100,000km未満、初度登録より10年未満で買取査定に出すことをおすすめします。

今回の記事を参考に、走行距離・年式で車の買取査定額がどれくらいになるかを知っていただき、車を買取りに出す場合はできるだけ早いタイミングで車を買取査定に出してみてはいかがでしょうか。